防犯性の高い鍵の取り付けはどこに頼む?

キーは、私たちの生活の安全を守るために非常に重要です。

私がそのような鍵を失うと、誰もが辛抱強くなります。

また、予備のキーがあるので、そのままキーを交換しないと、すべての危険につながる可能性があります。

鍵を交換することを考えているにもかかわらず、鍵をしっかりと交換する際の予防措置と費用について知る必要があります。

このコラムでは、鍵のタイプ、賃貸住宅で鍵を交換する際の注意点、鍵の交換コストについて紹介します。

私は私のキーを紛失した場合、私はそれを交換する必要がありますか?

鍵を失った場合は、鍵を交換することをお勧めします。

鍵を失うと、すべての危険につながる可能性があります。

キーを見つけたとしても、わからない人が予備のキーを作った可能性があります。

キーが見つからない場合は、誰かがそれを所有している可能性があります。

その後、誰かが簡単に鍵を使って家に出入りすることができます。

その鍵を使用できるアドレスを特定できない場合でも、あなたが知らない人が同じ鍵を持っていると思われる人は不安です。

あなたとあなたの財産を守るために、鍵を紛失したときは、鍵を交換することを検討してください。

まず、鍵の種類を知ろう!

誰にとっても鍵といえども、様々な種類があります。

キーを交換する前に、どのような種類の機能キーがあるかを知ることをお勧めします。

キーの種類は次のとおりです。

シリンダーロック

シリンダーロックは、厚いシリンダーの内側に薄いシリンダーがあり、正しいキーを挿入してシリンダーを回して開く機構です。

シリンダーには「タンブラー」と呼ばれるいくつかの障害物があります。キーがタンブラーと一致しない場合、シリンダーは回転せず、キーを開けません。

シリンダーロックは最も広く使用されているキーであり、その中で「ディンプルキー」と呼ばれるキーはピッキングにも強く、新しい家によく使用されます。

デジタルキー

主にオフィスビルで使用されていましたが、近年では一般家屋にも普及しています。

多くのデジタルキーは、PINを入力するか、カードを使用してロックを解除するタイプです。

PINを入力するタイプでは、キーを運ぶ必要はなく、キーを紛失したり、再加工することを心配する必要はありません。

ただし、番号を忘れたり、他の人に知らせたりしないように注意する必要があります。カードで開くことができる他のタイプもあります。

カードを挿入してロックを解除するか、ICカードのように保持するなど、さまざまな形状とメカニズムがあります。

カードタイプは、財布や通常の配置に入れることができるので便利ですが、失う可能性があります。

また、カードが破損した場合に使用できないタイプがあるので注意してください。

賃貸住宅の場合は、許可されていない鍵を交換しないでください!

賃貸住宅に引っ越すときなど、犯罪防止のための鍵を交換する方法もあると思います。

ただし、鍵交換はテナントが任意に行うことはできません。

鍵を無断で交換すると、火災などの緊急事態が発生した場合に管理者が入室することができず、被害が増大する可能性があります。

その場合、テナントである借り手は責任を負います。

したがって、借り手が鍵交換の費用を負担したとしても、私たちは家主または管理会社に相談しなければなりません。

問題を避けるために、貸し手の許可を常に得てください。

鍵交換手数料について

犯罪防止のために鍵を交換するとき、どれくらいの費用がかかりますか?

鍵交換のコストは、鍵の種類と仕入先によって異なりますが、約10,000〜35,000円が市場価格であると言えます。

主に経費、旅費、部品代などを処理する必要がある

犯罪防止の鍵であれば、安く安価に交換することができますが、安全面では不安が残ります。

また、自分で鍵を交換する場合、旅費や作業費が不要なため、比較的安価な場合があります。

ただし、キーの取り付けが非常に難しく、多少の位置ずれがあってもトラブルにつながる可能性があるため、キーを交換することはお勧めしません。そのため、コストが低くなります。

まとめ

鍵を紛失したときに鍵交換が非常に重要であることを理解しているかどうかは分かります。

不明な人が家やオフィスに入らないように、鍵を紛失したときに鍵を交換することをお勧めします。

また、さまざまな種類のキーがありますので、あなたの家または会社に合ったキーを選択しましょう。

ただし、賃貸住宅の場合は、自分で鍵を交換しないでください。

許可なく鍵を交換した場合、鍵が問題に発展する可能性があります。

家主や管理会社の許可を得てください。

キーに問題がある場合は、請負業者に一度ご相談ください。

関連記事

ページの先頭へ