バイクの鍵をなくしたらまずバイク屋さんに相談すること

私が自転車に乗ることを試みると、私は鍵を持っていません。

血液が追いつくような瞬間に、あなたがそれに対処する方法を知らない時があります。

このような場合、深呼吸を行い、落ち着いているかどうかを確認することが非常に重要です。

このコラムでは、自転車の鍵を紛失したときの対処方法を説明します。

met-inでトラップされている場合

バイクのキーを紛失した場合は、一度落ち着いてキーが何であるかを見つけましょう。

キーとして最も強力なのは、多くの二輪車に搭載されているシートの下の収納スペースです。

これは、いわゆる「メイン」に閉じ込められているケースです。

多くのオートバイのメトロインは、シートを閉じるときにそのままロックするオートロックタイプです。

したがって、キーをそのままにして閉じると、キーを取得できなくなります。

メインインでキーをロックするときの対策として、キーを開くことです。

しかし、あなたが鍵を開くと、それは業者に尋ねるか、それとも自分で開くかの選択になります。

自分で開くことができれば、どうすれば開くことができますか?

あなた自身を開く

キーを開くことができたとしても、業者に尋ねるとお金がかかりますので、バイクの問題を自分で解決することをお勧めします。

だから私はあなた自身のオートバイのmet-inを開く方法を紹介します。

【自分の力①】シートを引っ張る

柔らかい素材を使用したシートに限られていますが、エッジをつかみ、シートの隙間を狙ってキーを取り出すことができるような隙間を作ることができるようです。

[セルフパワー②]ピッキング

ピッキングは、鍵を開いてもよく聞こえる誤ったロックの方法です。

オートバイ自体が古いモデルでピックアップできるディスクシリンダー錠を使用する車のモデルであれば、それを実行することができます。

これらの方法は、あなた自身を開くことができれば言及することができますが、私たちはそれを推薦することはできません。

自分で開くことができる方法がバイクのキーとメーターインの失敗につながるからです。

オートバイの主要な関係が損なわれれば、修理費用がかかります。

あなたが本当にそれを実行したい場合は、あなた自身のリスクになります。

業者に尋ねる

あなたがお金を払っても、自転車の安全性を優先させるならば、再び鍵を開くよう業者に頼む必要はありません。

しかし、キーオープンエージェントとしても多くの業者が存在します。

自転車にロックを要求した場合、どのような業者が注文する必要がありますか?

【道路サービス】

道路サービスは、事故以外の様々な車のトラブルやキーの閉じ込めを扱うサービスです。

最近、自動車保険に加入するだけでロードサービスを利用することができますので、応募者を利用することをお勧めします。

メンバーは比較的安いですが、会社によってはメンバー以外のメンバーも使用できるので、それを試してみてください。

[バイクショップに尋ねる]

近くに自転車屋がある場合は、バイクショップで鍵を開くか、鍵の作成をリクエストできます。

シリンダー(キーホール)のキーにはシリアル番号が記載されているため、キーに基づいてキーを作成できる場合があります。

【キー業者への要望】

オートバイの重要なトラブルは、キー機関によっても処理される可能性があります。

出張を扱うことができる重要な業者である限り、それはシーンに急いでくるので、状況に応じて迅速に対応します。

失われたキーの解決策

それがメトインにあることがわかっている場合は、ヘルメットのキーを取り外すことですぐに問題を解決できます。

しかし、私が鍵を失うと、どうすれば対応できますか?

このアイテムでは、キーを紛失したときの解決方法を示します。

溶液

自転車キーの紛失に対処する方法は次のとおりです。

[解決策①]遺失物の警察への通知

自転車の鍵を本当に失った場合は、最寄りの警察署または警察に連絡し、紛失した手紙を提出してください。

おそらく、失われた鍵はすでに警察署などに届いています。配送されていなくても、後で受け取った場合は私に連絡することができます。

ドロップされたキーを見つける確率を上げるために、紛失した報告書を提出することを忘れないでください。

[解決策②]スペアキーを使用する

あなたの家に予備の鍵を保管している場合は、予備の鍵でそれを開くことができます。

予備のキーがある場合は、自分で自転車を回収することができます。

また、キーを作成するように求められた場合は、スペアキーがあればスムーズにキーを作成します。

[解決策③]鍵交換、加工

自転車の鍵を紛失して失った場合は最善です。それを行う最善の方法は、鍵を交換してそれを行うことです。

関連記事

ページの先頭へ